NetScaler導入事例

HOMENetScaler導入事例 > Outlook Web Accessの高速化

当社の導入事例:Outlook Web Accessの高速化

Microsoft Exchange Serverが提供する OWA (Outlook Web Access)を高速化するソリューションとして、Citrix NetScalerを導入いたしました。

導入の背景

Microsoft Exchange Serverは、世界で最も広く利用されているメッセージングプラットフォームです。特にOutlook Web Accessを利用することにより、リモートから 社内のメールを安全に送受信したり、スケジュール調整を行ったりすることができるので、コミュニケーションの活性化や生産性の向上に大きく貢献することができます。
しかし、Outlook Web Accessは非常にリッチなWebアプリケーションであり、思うようなパフォーマンスが出ないという声が聞かれます。こうした問題を解決するため、これまでは Exchange Serverを増設しフロントエンドサーバを追加するという対策が一般的でしたが、サーバーの追加にはOSやアプリケーションのライセンスコストが必要となるだけでなく、 サーバーが増えることによる各種設定の追加や、物理的な設置スペース、電源容量の増強など様々な問題が付随して発生していました。

当社の提案

そこで当社では、フロントエンドサーバーの前にNetScalerを配置することでNetScalerが持つアクセラレーション機能を最大限に発揮させ、Outlook Web Accessを高速化させる という構成をご提案いたしました(物理的にはOne-arm構成などWebサーバと同じセグメントに配置することも可能です)。

構成イメージ:

Acceleration of Outlook Web Access

お客様の感想

Outlook Web Access はメール環境を安全に社外で利用するために欠かせない、非常に重要なアプリケーションであるにも関わらず、動作が非常に緩慢で使い勝手が悪いというのが率直な印象でした。
NetScalerを導入することにより、キャッシュやHTTP圧縮、コネクション集約の機能が有効に機能し、快適に利用できるようになったことで、コミュニケーションの活性化が実現できただけでなく、 リモートアクセスユーザーがPHSなどの低速な回線でもOWAにアクセスできるようになったことから、通信回線にかかる費用を削減することができるなど、思わぬ費用削減も可能となり、NetScalerのTCO削減 効果を実感することができました。

お客様事例トップへ戻る>

サーバーワークスについて | サイトマップ